親子留学、子ども単身留学なら、セブのCIECがおススメ!

子供さん(幼稚園~高校生)専門の英会話学校です。日本人比率5%以下で英語学習に適した環境。
テキストも、授業も、全て「こども向け」だから、効果的に英語が身に付きます。
海外大学進学サポートや、セブ現地校入学、セブ正規コース履修など、お子様に必要なすべての英語サービスを提供するセブ唯一の教育センターです。
日本人スタッフ常駐。

不登校のお子さんはCIECで勉強しませんか

現在、日本の学校に通いづらさを感じているお子様は、ぜひCIEC で勉強しませんか。三食付きの寮内で、親子で生活することも、8歳以上であればお子さま1人で生活することも可能です。詳しくはこちら

CIECの特長

ジュニア留学が中心の学校

幼稚園から高校生までの「子ども向け」に徹底してこだわり、子どもが英語力をつける工夫が随所に施されています。他のお客様も子どもで、日本人比率5%以下と、お子さまに外国人のお友達ができやすい環境です。

子供単身で英語留学ができる

両親の同伴なしで授業や生活ができる留学プログラムとケア体制を実現。8歳以上であれば、単身(保護者なし)で留学も可能です。長期休暇のたびに留学する可能性があるお子様にもおすすめです。

一般授業を学び単位取得も可

英会話学校の認可だけでなく、正規の学校資格もあります。そのため、英会話と別のプログラムで、一般的な学校が1年かけて履修する内容(数学、理科、社会など)を半年で修了可能です。

CIECで学んだ日本人のお子様(一部ご紹介)

←左右にスクロールします→
学年・年齢等コース
※丸数字は複数回留学の何回目かを表示
期間
※丸数字は左記同様
目標・進路・海外経験などリンク(公式ブログ)
小学3年男子、4年男子(単身、友達同士)スパルタ4週間

小学3年:海外旅行と英語塾経験あり。
小学4年:初めての海外。

留学の様子
一人は長髪

中学1年男子
(ご家族/単身)

①ご家族で:アカデミック
②③単身:スパルタ

計12週間(①2週間 ②3週間 ③7週間)

最初の来校時は英語に乗り気ではなかった。海外の学校受験希望のため、英語だけでなく、数学や科学、面接の練習やIQテストなども授業に取り入れた。全ての学校に合格。

留学の様子
中学2年女子(単身)スパルタ3週間

1人で入国。部屋は台湾人の生徒さんと3人部屋。

留学の様子
中学3年男子
(単身)
スパルタ1週間

部屋は韓国人の生徒さんと2人部屋。

留学の様子
小学3年男子
(親子留学)

アカデミック 。途中から現地のインターナショナルスクールに通学
お母様:ESL

16週間お母様と滞在。留学の様子
小学3年女子
(母親同伴)
アカデミック。
お母様:ESL

計6週間(①4週間 ②2週間)

お母様と滞在。中国在住で、インターナショナルスクールに通う。

留学の様子①
留学の様子②

12歳、8歳、4歳の男子、母親(親子留学)

・12歳、8歳:アカデミック2週間。ただし、12歳のお子さんはその後スパルタ3週間。
・4歳:幼児英語
・母親:ESL

2週間

フィリピン、オーストラリアなどに語学留学の経験有

留学の様子


留学費用

お⼀⼈様当たりの費用例です。これ以外に、どの英会話学校でもかかるSSP(フィリピン政府が出す証明書)約14,000円などが現地でかかります。(詳しくは留学費用のページをご覧ください)

例) ジュニア(アカデミック)
2週間
115,200円
  • 350分/日
  • 寮(3人部屋)の場合
例) ジュニア(スパルタ)
2週間
151,200 円
  • 500分/日
  • 寮(3人部屋)の場合

例) 幼児英語
2週間
115,200円
  • 午前と午後
  • 寮(3人部屋)の場合
例) 保護者向け
ESL 2週間
92,160
  • 午前のみ授業
  • 寮(3人部屋)の場合

「英語教育」関連記事のご紹介(外部リンク)

小学校は英語力重視で教員を採用
(産経ニュース-2017年4月)

小学校の教員採用の際、英語力のある受験者に優遇措置を取る教育委員会が増えていることを紹介した記事。これにより、子どもたちは英語力のある教員から学べる半面、将来教員になりたい子どもは、独自に英語力を身につける必要があるともいえそうだ。

サイトへのリンク

増えるインターナショナルスクール、専門家に聞く
(日本経済新聞ー2019年2月)

英語で授業を行うインターナショナルスクールが日本で増えているが、インターは教育基本法が定める義務教育の対象外のため、義務教育違反になる課題も。専門家は「違反には罰則があるが適用された事例は聞いたことがなく、グレーゾーンな状態」と話す。

サイトへのリンク

英語の早期教育はすべきなのか?
(The Asahi Shinbun Globe+-2018年5月)

英語圏で子育てをした方による早期教育の意見。メリットは発音とリスニングの習得。デメリットは語彙獲得にかかる時間で、子供は覚えるのも、忘れるのも早いとしている。親の努力も経済力も必要な長期戦のため、根気が必要で親子で楽しめる形を勧める。

サイトへのリンク